岩場での釣りのポイントと魚の生息場所について

せっかく釣りに行くならたくさんの釣果を得たいという方が多いことでしょう。もちろん釣れても釣れなくてもその場所で過ごす時間を楽しめるに越したことはありませんがやはり釣れるに越したことはありません。一方であまりその経験が豊富でない慣れていない方が急にやったところでなかなかその成果を見込むことは難しいと言えます。そんな釣りに慣れていない方ができるだけその釣果を上げるために重要になってくるのが、ずばり「場所の選び方」です。その点に失敗していしまうとどんなに頑張ってもどんなに腕利きの人でもうまく釣果を上げることはできません。そのため、ある程度事前に知識を備えたうえで当日にのぞむのが良いでしょう。

 

岩場釣り

 

そんなそもそもどこで釣りをするのが良いかよくわからないという方におすすめしたいのが「岩場」です。「岩場」をおすすめしたい最大の理由は、潮流によってさまざまなものが流れ着くことに由来します。その中には魚の遺骸なども多く紛れ込んでいるがゆえにそれを目当てにほかの魚がそこに住み着いているためです。それゆえに「岩場」は釣りにおすすめのポイントと言えるのです。また、その際どんな「岩場」を選ぶと良いかというと水の深さがある程度浅いところの方がおすすめです。なんとなく深いところの方が魚がたくさん住み着いていそうで良さそうと思われがちですが実は浅瀬の方が魚を釣り上げやすいと言われています。これは、水が浅いと日光によって多数の藻が岩に張り付いている可能性が高まります。それゆえにこれを餌とする魚が多く寄ってくるためです。また、藻を主食としている生物は魚以外にも多くいるのでその生物目当ての魚も寄ってきやすいポイントとなります。なお、それゆえに基本的に大枠で言うと「岩場」での釣りがおすすめでその中でもやや浅めのところを選ぶことでその釣果はきっとよくなることでしょう。ぜひ参考に良い場所で釣りを行うことでたくさんの釣果を得られる楽しい釣りを楽しんでみてください。

ページの先頭へ戻る